モノの選び方

一旦減らしたけど、また増えたもの

暮らしに愛あるお片づけ。
クラシアイズ代表
親・子の片づけマスターインストラクター&整理収納アドバイザーの吉田あみです。



減らしたのにまた増えていたもの


数ヶ月前に一旦がさっと減らしたけど、気づくと増えていたものがあります。



それは、文房具。



わたし、めちゃくちゃ文房具が好きで、ロフトやハンズに行ったら数時間は平気でいられます。


なので、持っているペンもかなり多かったんですが、さすがに持ちすぎやな~と思い、ほとんど使っていなかったペンやマスキングテープは手放しました。

無印のバッグインバッグをペンケースにしていたんですが、これもサイズダウンして普通サイズのペンケースへ変更。


減らした直後はそれで過ごせていたんですが、減らしたはずの文房具がまた増えてきてしまいまして・・

普通サイズのペンケースがぱんっぱんになってしまいました^^;;


これはペンケースに入れとく必要はないかな??いやいや、でもな~


なんてことを繰り返していたんですが、結局、元の大きなペンケースに戻しました!!






はー、やっぱり使いやすい!!!



なぜ増えたのか?


なんで一旦減らしたのに増えてしまったのかを考えてみたんですが

「これ、試してみたい!」というものが多い。ということに気づきました。


元々文房具好きというのもあって、いろいろな文房具を試してみることが好き、と言うのもあるんですが、

この場面ではこのペンが使いやすい、というのがそれぞれ違うので、このノートに書くときはこのペンじゃ使いづらいな~と感じると他のものをどんどん試したくなるんです。



吉田的、これはテッパン!な文房具


例えばわたしの普段使いの文房具でいうと、

仕事のメモに使うのは
無印のダブルリングノートA5 × ジェットストリーム4&1 0.5mm(主に黒と赤)







方眼ノートに使うのは
ナカバヤシ Think NOTE.ノートタイプA5またはA4 × SARASA dry0.4青+フリクションボール4 0.5









家のカレンダーに使うのは
フリクション0.7ブルーブラック









最近使い始めたバレットジャーナルには
無印5mm方眼A5 × SARASA dry0.4青 + マイルドライナーグレー








書いててただただ気分上がる~っていうのは
kakuno 中字 ブルーブラック










などなど。




最近のヒットはなんといってもSARASA dryです。




書いてすぐ触ってもノートや手が汚れないという速乾性が売りなんですが、もうほんとにすぐ乾く!!!!

方眼ノートを書く際にまず定規で線を引くんですが、線を引いて定規をすっと動かすと毎回にじむのがプチストレスでした・・

なのにSARASA dryはにじまない!動かす前にもう乾いてるから!!



文房具への思いが熱すぎて暴走してしまいそうなのでこのへんで止めておきます・・笑



まとめ


そんなわけで、文房具が増えた理由は「好きだから収集したい」という理由とはちょっと違って、いろいろ試して今の自分にとってのベストを見つけたいからでした。


これはいい!!!とか、これはイマイチやったな~というのは実際に自分が使ってみないとわかりません。

わたしの今のイチオシSARASA dryも使う人によっては、書いたときの文字の太さが好みじゃないな~とか、別に速乾性はいらんな~とか感じることはそれぞれだと思います。

やっぱり、自分で試してみないとわからないことも多い!!

ただ購入するときに、これはどういう用途で使う?ほんとに必要?ペンでいうと、細さはほんとにこれでいいかな?ノートでいうと、枚数こんなにいるかな?とか、いろんなことを考えて購入しています。


よし!これが自分のベスト!!と思うモノを見つけても、それがやっぱり使いにくいな~と思ったらどんどん試してみるのもOK!

文房具っていう試しやすいお値段のものだからできることでもあるんですけどね。


というわけで、文房具を無理に減らそう!と思うことはやめたのでした^^


文房具に興味のない人はきっと、こんなに試したり使い分けたりはしないですよね。
ぜひ、自分のスタイルに合ったモノの持ち方をしてくださいね♪


親・子の片づけインストラクター2級認定講座
11/15(木)@淀屋橋
今回はハギヤマジュンコMIとダブル講師で開催します!


簡単!ワードプレス開設講座
9/12(水)@淀屋橋
超初心者の方向けに、1日でワードプレスのサイト・ブログの基本設定を学べます。あとは更新するだけ!のところまでをお伝えしますよ♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
吉田あみ
吉田あみ
親・子の片づけマスターインストラクター/整理収納アドバイザー お片づけは苦手でしたが、整理収納を学び少しづつおうちが整ってきました。 でもズボラでめんどくさがりはそのままです。 そんなわたしでも楽に片付けられるコツなどをお伝えしていきます♪