子どもの作品どうする?問題はこれで解決

写真・子どもの作品・書類の整理
暮らしに愛あるお片づけ。
クラシアイズ代表
親・子の片づけマスターインストラクター&整理収納アドバイザーの吉田あみです。




整理収納アドバイザー 吉田あみです。




きょうは幼稚園と小学校の終業式でした。



終業式あとは、
幼稚園のクラスでのランチ会に参加。




延長保育ではないママさんたちとは
普段ゆっくり話す機会がないので
たのしい1日になりました。




丸1年経ってやっと、
普通に話せるママさんたちが増えてきた~!!
(遅っ!!)



+++





この時期、子どもたちは園や学校から
大量の作品を持ち帰ってきますよね^^




みなさんその作品、どうされてますか??







その作品を残すのか、処分するのか?


残すとしたらどうやって保管しておくのか?








悩まれる方ものすごく多いと思います。
でもこれ、


正解はありません。






一般的な正解はないけど、でも、
「我が家の正解」を決めてみてください





我が家ではこうやって保管しよう!
というルール。



これさえ決めてしまえば

あー、どうしよっかな~
とりあえずクローゼットの1番上に
全部まとめて置いとくか~

(※少し前までのわたし!笑)
ってことはなくなります。





じゃあそのルール、どうやって決めるの~??
って話ですよね。。


ざっくりと、我が家でルールを決めた
手順をお伝えしますね。





1.作品を残したいのか?もういらないのか?
まずは子どもの気持ちを聞いてみる







2.子どもが残したい!という場合は
子どもと一緒に整理する

このとき、この箱に入るまでね~
など、スペースを決めておくのがオススメです





3.子どもがもう全部いらん~といった場合や、
↑の2で子どもがいらないと判断したものの中で
親が残しておきたいものがある場合は残しておく

これは、子どもが残したい!といったものと
別スペースに保管すると良いですね。




4.親子ともにいらない~!という場合は潔く処分!








我が家では、
子どもたち自身は作品に対して
「どっちでもええわ~」
という感じだったので、


作品は全部写真に撮り、アルバムの形で保存。

わたしが残しておきたいものだけ残す。



という方法にしていました^^





我が家の詳しい管理方法などは
こちらに載せているので
参考にしてみてくださいね

子どもの作品管理方法





↑で、
「という方法にしていました」と書いたのは、
今回改めて長男に聞いてみたら、
一緒にやりたい!
ってことだったので
今年からは一緒に整理することに!




子どもが残したいモノボックスと
大人が残したいモノボックスを分けて保管します◎





ちなみに。
作品の撮影は春休み中の晴れた日に!
と決めています^^

くもりでもOK。
自然光で撮ることがわたしの中での必須条件!





わたしの場合
すぐにやってしまわないと、
もう、あとでいいか~~
とズルズル先延ばしにしてしまうので^^;;







何年分も溜まってる~~!!って方、
いらっしゃいませんか??


実はわたしもつい最近まで
何年分も溜めてしまってたんですが、
やり始めると意外とさくっと終わりましたよ~!



もしよかったらこの機会に
子どもの作品の整理、始めてみてくださいね◎



まずは、子どもの気持ちを最優先で!!






募集中の講座・セミナー
親・子の片づけインストラクター2級認定講座
7/21(土) 10:30~16:30 @阿波座
詳しくはこちら
お申込みはこちら


研究所のメルマガにご登録いただくと、受講料が割引になる特典があります。
毎週金曜日に届くメルマガには子育てのヒントがたくさん詰まっていますのでぜひこの機会にご登録ください♪



親・子の片づけインストラクター入門講座
※入門講座の受講なしでも2級は受講可能です。
7/6(金)
入門講座のみ 10:00~11:30
子どもスペース見学付 10:00~12:30 @大阪市内の講師自宅

詳しくはこちら
お申込みはこちら




自宅レッスン
6/28(木)
10:00~12:30 @大阪市内の講師自宅

詳しくはこちら
お申込みはこちら




片付けカードワークレッスン
@大阪市内の講師自宅
次回開催調整中。開催リクエストも受付中です♪
詳しくはこちら
お申込みはこちら






友だち追加

さいごにポチッとお願いします◎
ブログランキング・にほんブログ村へ

インスタのフォローもお願いします◎
Instagram

こちらもポチ。


また遊びにきてください☆
ご訪問ありがとうございました☆